ニキビの原因菌「アクネ菌」について

ニキビの原因菌「アクネ菌」について

「アクネ菌」という名称をお聞きになったことがあるかと思います。
ニキビを引き起こす原因となっている細菌のなかでは、もっとも有名な細菌です。
このアクネ菌は、ニキビの中でもとくにお顔のニキビの原因となりますので、この菌についてよく知っておくことも、ニキビ対策をするうえでは必要となるでしょう。
背中など、身体に数多くのニキビが出来るかたもいらっしゃいますが、身体のニキビの原因となる細菌は、あまり聞きなれないのではないかと思いますが「マラセチア菌」と言います。
両者ともに、これらの細菌だけが原因となるわけではありませんが、ニキビを作る主となる細菌です。
顔と身体のニキビは、同じ菌によるものではなかったのです。
ご存じでしたか。
ところで、これらの細菌類がニキビの原因となるとはいえ、どなたの顔や身体にもこれらの細菌は住みついています。
常に住みついている細菌類のことを「常在菌」と言いますが、これらもそうなのです。
しかしながら、ニキビがたくさん出来るかたと、出来にくいかたがいらっしゃいますし、一生の中で、ニキビがたくさん出来る時期と出来にくい時期がありますよね。
どのようなときに、これらの細菌がニキビを発生させるかと申しますと、これらの細菌は脂を好むため、皮脂がたくさんある場所や時期に喜んで活動することになります。
さらに、これらの菌は空気に触れることを嫌いますので、皮脂が溜まっていて、なおかつ角栓で塞がれてしまった毛穴の内部が大好きなわけです。
それで、毛穴の中からニキビが発生し、徐々に悪化し、ついには膿や血まで混ざってくるほど悪化することになるのです。
小さな白ニキビも、膿や血が混じっている重症なニキビも、結局は同じ細菌の仕業です。
角栓がつまった毛穴を作らないように、お顔のお手入れを充分にすることも大事ですね。
とはいえ、皮脂をとりすぎてはいけないですし、脂性肌や混合肌のかたは、角栓をひとつも作らないというのもなかなか難しいことです。
角栓を出来にくくするには、男性ホルモンを減らして女性ホルモンを優位にすることが一番手っ取り早くて確実ですので、それでホルモン治療がニキビの根本的な解決におすすめだということです。

page top